東野圭吾著 『パラドックス13』


久しぶりに東野圭吾さんの本を読みました

パラドックス13

パラドックス13 (講談社文庫)

新品価格
¥880から
(2017/2/9 12:19時点)

あらすじは…

3月13日13時13分13秒、ブラックホールの影響で「P-13」と呼ばれる現象が発生した。

街から人々が消え、無人の東京に残されたのは、境遇も年齢も異なる13人の男女だった。

大雨と地震に襲われる瓦礫の山と化した街で、13人が協力して生き抜いていこうとする。

世界が変れば善悪も変る。殺人すらも善となる。極限状態で見えてくる人間の真理と、残された13人の共通点。

元の世界に戻れるのか、この状況でずっと生き続けるのか。

というストーリー

感想としては、東野圭吾さん、やっぱりすごい天才的

凡人の私からするとほんとに頭いいんだなぁと尊敬です

P-13現象は難しくて私にはさらっとしか理解できないけど、それでもストーリー事態は面白くて一気に読めてしまった。

そして、スッキリ納得の結末

一時期、東野圭吾さんにはまっていて結構読んでたけど、最近はご無沙汰。

久しぶりに読んで、また魅力を再確認。

読みやすいし、やっぱり好きです。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です