移植後ET1~ET12判定日までの事


4月21日(金)に卵ちゃんの移植をして、その後の様子。

移植日は、なぜか便意を催して、我慢したかったけど排便。お腹に力を入れたら卵ちゃん、出てきてしまいそうで…

ET1~ET4までは、たまに下腹部というかすごく下の方がきゅ~っと張っている感じ。下の方過ぎて、またまた卵ちゃんが出てきてしまうのではないかと心配になるくらい。

ET5は通院。血液検査と診察。血液検査の結果は問題なく、薬補充などもなし。

先生に

下の方がたまに痛くなるんですけど…

と質問したら、

黄体ホルモンの影響ですね。卵が出ることはないですよ。

と。

この日のお会計、5,400円

ET6~ET10までは、変わらずたまに下の方が張る感じ。プラスで若干、気持ち悪い!?って思うことが。気のせいなのか??

毎日、ソワソワしながら生活。妊娠がわかるまでは普通の生活ということで、2回くらいビール飲んじゃった

ET11.いよいよ判定日を翌日に控え、妊娠検査薬

結果、陰性。

そんなにうまくはいかないよねと思いつつ、翌日になればホルモン値上がるかもと望みを捨てきれない私

「ET11陰性から陽性」とかってネットで調べまくってしまった。

そしてET12。判定日。

5月3日(水)祝日で、主人も仕事だったので、息子君をキッズルームに預けてからの血液検査と診察。

結果、残念。。。

hcgが4くらいしかなくて

先生には

妊娠するとhcgが3桁はあるのですが…着床はしかけたかもしれません。黄体ホルモンも下がってきているので、化学流産するでしょう

と。

化学流産って。この日は担当の先生がいなくて、初めての女医さん。気を遣ってるっぽかったけど、

化学流産するでしょうって、ってことはまだ卵ちゃん頑張ってるの?とか思ったら悲しくなってきた。ショック。。。

ショックといつもの先生じゃなかったのもあって、何も聞けなかった。

次回は生理3日後か5月10日になっても生理が来なかったら来院してくださいとの事で終了。

この日のお会計、7,560円。

ツライ。

初めての体外受精。結果がダメだったということもありかなりのダメージ。。。

予想以上に落ち込んでます。。


にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です