子宮卵管造影検査とポリープ検査からの体外受精準備へ


2月15日。

子宮卵管造影検査と初診の時に子宮内膜に見えたポリープの検査

排卵日2日前でした。

この日は日時指定され、クリニックに行くと早速検査

子宮卵管造影検査は、子宮にカテーテルを挿入し、バルーンを膨らませて造影剤を注入し、その広がり方で卵管が通っているか、子宮に奇形や異常がないかを調べることができる検査。

そして、子宮内膜のポリープは、同じく子宮にカテーテルを挿入し生理食塩水と抗生剤の混合液を注入し、確認。

どちらも超音波のモニターを見ながら先生が説明してくれながらの検査。モニター、私には何となくわかるようなわからないような…

でも、先生の説明で安心感はありました。

検査もそんなに痛みはなく、あっという間に終了。

その後、30分くらいベットで休憩し、診察。

卵管造影検査は問題なし。子宮内膜のポリープも大きくなく、着床を邪魔するようなものでもなく

手術して取るまでのものではないとのこと。

良かったぁ

ということで、

「次の周期から体外受精できますけど」

と言われ、お願いしました。

そしたら早速、体外受精に向けての準備とのことで、

翌日は排卵をコントロールするためにスプレキュア点鼻薬

その次の日からは月経周期を調整するため、プラノバールを12日間

何だかとんとん拍子に進みすぎて不安になる。。。

この日のお会計39,274円

次は、プラノバールで生理周期を調整し、生理3日目になるという3月7日の日にち指定。

そして、私は検査を受けた翌日からインフルエンザにかかり、その後旦那さん、息子君までもが感染

3日間何も食べられず、悪寒が激しく

この時期にインフルエンザなんて、私の卵ちゃんと旦那さんの精子くん大丈夫か

と夫婦で不安になったけど、

3月7日の受診日に先生に確認したら

「全く問題ないです」

と。よかったぁ

ということで、体外受精に向けてのこれからの通院日を決めました。

1日起きに3回注射を打ちに来れるなら、採卵時5,6個卵が取れるかも。来れないなら内服だけで1週間後に通院。でも卵は2,3個かも。しかもその中でいい卵が取れる保証はなく。実際はどうなるかわからないけど。

と言われ、仕事をしている私にはつらい選択。しかもその後の状態を見て採卵日が決まるという。

いい卵が取れて、絶対妊娠できるっていう保証ないのに。

また、不安に襲われる。。

でも、どうせやるなら少しでも確率をあげたいと思い、1日おきに注射を決意しました。会社には迷惑をかけてしまうのですが、遅刻か早退をさせてもらいます。ちなみに私の働いている職場はほぼ女性の職場で、同じ年頃のスタッフが多いので、理解があり、不妊治療に関してはオープンにしてます。

ということで、この日からセロフェンという排卵誘発剤を10日間。

次は3月11日(土)の通院。この日は仕事だけど土曜日で旦那さんが休みなので、朝一で通院しぎりぎり遅刻しないで行けることを願ってます。

ちなみに採卵しても私の体の負担と妊娠の確率を上げるために、今週期は凍結してうまくいけば次周期にお腹に戻すらしい。

そうなんだ。知らなかった。。

毎回知らないことばかり。そして、いつも不安になる。

けど心を強く持って突き進もう。決めたことだからね

3月7日のお会計4,420円。

そわそわした気持ちはまだまだ続きます。


にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です